うつ病等治療中にお金が無いと心配に!公的制度等の紹介!

医療費が高いと悩んでる人が使える制度

うつ病、その他精神疾患、障害等で精神科に掛かっている方は既にご利用されている内容かも知れません。

もしかしたらうつ病かも?と現在ご心配されている方や、現在治療中でまだ制度をご利用でない方へ向けた記事になります。

病院にかかると診察料、薬代などが結構痛いもの。働きながらの方ならまだしも、休職や退職された方なんかは特にお金の心配をされているのではないでしょうか?

お金の心配をしながら治療を続けるのも精神的によくなさそうなのでお金に困った際に利用できる制度を紹介します。

スポンサードリンク

1.自立支援医療制度

まずはこちらから。

3割負担の医療費が1割負担に、さらに収入によって上限が2500円になったりします。

以前自分が東京都に住んでいた時はこの1割の部分も都が負担してくれていたのか、医療費が掛かりませんでした。

現在住んでいる自治体では上限2500円/月なので非常に助かっております。

こちらは初診時から6ヶ月以上経過しなければ申請が出来ないです。

すぐに寛解された場合は問題ないかも知れませんが、長々と治療が続くようであれば医師やケースワーカーさん等に尋ねてみてください。

ちなみに僕は最初の数年はこの制度を知らず、毎月医療費に困っていました。

丁寧な医師なら先生の方から案内してくれるでしょうが、僕が最初にかかっていた病院の医師のように何も案内してくれないパターンもあるので注意です。

また、こちらはどの病院・薬局でも適応されるわけではなく、予め決めておいた病院・薬局でのみ使える制度です。(普通の眼科等では通常通り3割負担です)

 

スポンサードリンク

2.失業保険

退職されてしまった方が対象です。

次の仕事が見つかるまで一定の期間受給出来るというものですね。

僕は雇用されていた期間が足りなかったのでこちらは受給出来ませんでした。

こちらはハローワークへ所定の書類を持っていくものです。

ずっと貰えるものではないので心もとないですが、収入が何も無いよりは精神的に安定して治療出来そうです。

 

スポンサードリンク

3.障害年金

一般的な障害基礎年金の他に共済・厚生年金があります。

障害基礎年金の場合は2級以上でないとお金は受給出来ません。

また、初診時から1年半経過しないと申請出来ません。

年金の納付期間の2/3以上納付or免除をしていないといけない等、様々な条件もあります。

うつ病でも通ったり通らなかったり…医師の診断書次第でしょうが、なかなか受給するのが難しいものです。

社労士に頼んだり家族に頼んだりと色々方法がありますが、一人で申請するのはなかなか大変だと思います。(というか障害者手帳にしてもですが色々な役所手続きって自分でやるのってとても大変な労力ですよね…)

自分は家族に役所に行ってもらったりと色々手助けしてもらい何とか受給することが出来ました。

 

4.生活保護

貯金ももう無い、どうしようもない!という方のセーフティーネットですね。

働けない、頼れる親族もいない、何かと言われがちな生活保護ではありますが、そんな場合は堂々と申請してもいいと思います。

不正受給は良くないことですが、どうしようも無い場合は最寄りの役所へ。

ただ、自分も一度本当にギリギリで困って申請しようかどうか悩んで役所へ行ったことがあるんですが、ドアが重厚で開けづらく、非常に入りにくい雰囲気を醸し出しており、何だかなぁと思いました。

一人で行くのもいいですが、精神的にキツそうであれば代理の方にお願いする、一緒に誰かに付いてきてもらうなど考える必要がありそうです。本来そうでなくスムーズに手続きができれば良いのですが…難しい問題ですね。

 

その他

医療費が高いと悩んでる

障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)もNHKや税金の控除等、お金に関することで助かる部分もあるので、長期に渡って日常生活に支障がある疾病があり、手帳を受けることに抵抗が無ければ持っていてもいいかも知れません。

 

おわりに

詳しいことはそれぞれ後日詳細を書いたりします。

とりあえず「治療費が高くてお金がやばい!」という人はこれらの制度を利用されてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。