管理職が残業代も出ないしストレスが多くて辛い。転職するかどうか?

管理職が辛い時に転職すべきか?

人それぞれ仕事って合う合わないがありますよね。

一般的な会社だとキャリアを重ねていくと役職が付いていき管理職になっていくと思います。

この管理職、残業代も出ないしストレスが多いし辛いという人も多いのでは?

そんな人に読んで貰いたい管理職を経た2人のパターンを紹介します。

スポンサードリンク

2人の管理職経験者から体験談を聞きました

今回は2人、Aさんは結果的に転職したパターン、Bさんは転職をせずに我慢したパターン、それぞれ話を聞いてみたので紹介してみたいと思います。

 

Aさんの場合(IT系)

Aさんは誰もが聞いたことがある大手企業でIT系のお仕事をしていました。

学生時代からパソコンを弄るのが大好きだったそうです。

そのAさんもキャリアを重ね、管理職になりました。

多くの管理職の方と同じようにストレスにさらされたようです。

Aさんは現場でIT系の仕事をしていることが好きだったので、管理職という立場を捨て、転職しました。

その後はベンチャー系の企業に入り現場の仕事をしたりと経験を積み、現在はフリーランスとして生き生きと仕事をされています。

管理職という立場を捨ててでもやりがいを選んだAさん、労働時間は多くて大変そうではありますが、好きな仕事をしています。

 

Bさんの場合(公務員)

Bさんは国家公務員の上級(現在の一種ですね)として某省庁に入りました。

若くして管理職に昇格させられました。

自分よりかなり年上の人の上の立場に立たなくてはならないことなどに多くのストレスを感じていたそうです。

Bさんは精神的に辛い思いをしつつも、産まれたばかりの子供や奥さんを支えていくために仕事を続けることに。

当時は今ほど精神科というものが身近ではなかったらしく、一般の内科に通って、医師からカウンセリングを受けていたそうです。あと漢方薬も飲んでいたとか。

その後、Bさんは定年まで転職せずに公務員として仕事を終えました。

 

スポンサードリンク

管理職から転職するかどうかの決め手

転職したAさん、転職しなかったBさん、それぞれ転職に関して決め手を聞いてみました。

※今回は「管理職が辛い・嫌だ→一般職へ転職するか悩む」という人の場合です。一概に「管理職」と言っても職場によってもやりがいや辛さが違うのでしょうが…

 

 

役職付きの立場を捨てられるか

役職付きっていう立場(しかも大企業やキャリア)を捨てるというのはかなり勇気が必要です。

転職先も管理職として雇用されるのであれば転職の必要はありませんし。

管理職から管理職への転職という「環境を変える」という意味では現在の辛さが軽減される場合も大いにあると思いますが。。

管理職、というものが合うか合わないかは別としてそれを捨てられるかどうかの判断が必要ですね。

 

年齢・給与

管理職になるということはキャリアを積んで年齢もそれなりに重ねているもの。また、管理職になりたての時は前年より年収が下がるものの、順調にいけば年収は徐々に上がるもの。

そうなってくると年収をキープしつつ…となると転職先は管理職として雇用される場合が多いということ。

Aさんのように現場で活躍したいという人にとってはそこがネックだったという話でした。

管理職が辛い時に読む話

 

スキル

年齢が上がっても転職・フリーランスとして活躍できているAさんの場合はIT系ということもありスキルがあってこその転職成功です。

一方のBさんは、専門の知識や経験はあっても特別な技術があるわけではないということもあり、転職をしづらかった部分もあるようです。

一概に管理職からの転職、と言ってもスキルの有無も重要なんですね。

その他家族や住居など様々な要因が転職には関わるのでなかなか転職するというのも大変なことですよね。

 

スポンサードリンク

管理職としてやっていくコツ

結果的に転職成功したAさんも転職をしなかったBさんも管理職として多大なストレスを抱えて仕事をされていました。

管理職時代にどうやって乗り越えていったのでしょうか。

 

愚痴を吐き出せる相手を作る

Bさんは定年までストレスを抱え管理職として働きましたが、愚痴を聞いてくれる相手が必要だということでした。

家族に愚痴や相談をするのもいいですし、精神科や心療内科で先生に聞いてもらうのもいいですし。

一人でストレスを抱え込むのが一番良くないですよね。

 

正しい受診と治療

AさんBさんともに精神的に辛い思いをしたということですが、Bさんは上でも書いたように医師に診察してもらいカウンセリングや漢方、あとは市販薬(だいぶ良くなった後もずっと百草丸というものを毎日飲んでいたとか)で仕事をこなしていったとか。

辛いなぁ、愚痴を言っても駄目だなぁ…というときは早めに医師から正しい、的確な診察・治療が必要なのでしょうね。これに関しては管理職関係なく…早めの治療が大事だと僕も思います。

 

結局転職すべきかどうか?

長々と書いてきました。転職するべきかどうか?については色々な要因が関わってきますし、その後の生活もありますし、どうしろ、とは僕からは簡単に言えませんが…

この記事に辿り着いた方はおそらく「管理職が辛い」という方でしょう。

あなたが今「死ぬほど辛い」なら休職や転職をオススメします。また、早めの病院での診察をオススメします。

過労死なんかが近年話題になることがありますが…このサイトのテーマのように、死ぬくらいなら「鬱々としてでも生きていこう」と思いませんか?そう思えない精神状況の人もいるでしょうが…

生きていれば、今は美味しいと感じられないかも知れないご飯もいつか美味しいと感じられるかも知れませんし、つまらないと感じている趣味も楽しく感じられる日が来るかも知れません。

転職も視野に入れつつ、まずは医師に診てもらって適切な治療をしましょう。

良くなったらまた考えればいいんじゃないでしょうか?

 

そこまで重く考えてないっていう人、その場合は「5年後10年後」を考えてみてはどうでしょう?

そして周りの人に相談してみるなりして慎重に決めましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。